本文へスキップ

日本大学 理工学部 交通システム工学科

交通環境研究室  Transportation Enviroment Labolatory

研究室紹介Introduction

研究室紹介

 交通環境研究室では、公共交通や福祉交通、観光交通などの利便性向上に向けた改善策の検討や、環境に配慮した交通インフラ整備の計画や評価、ならびに交通環境の改善に向けた対策などの研究を進めています。
 例えば、公共・福祉・観光交通の視点では、コンパクトシティにおける交通ネットワークの整備検討、住民協働型の公共交通整備方策の検討、中山間地域における移動交通手段の検討、心のバリアフリーに関する検討を行っています。また日本や豪州、米国における野生生物と自動車の事故発生要因の分析、シーニックバイウェイの導入による観光客の回遊行動分析や経済効果の推計、交通環境教育用アプリの開発、舗装材料のライフサイクルアセスメント(LCA)などに取り組んでいます。

ゼミナール(昨年度の内容)

@ グループディスカッション
  「社会人に求められる1歩前に踏み出す力とは何か?」(スーツ着用審査会のテーマ)
  「難破船の生存者選択について」 等
A 社会貢献型学習(昨年度実績)
  我孫子市の住民力の高い地区における住民協働型公共交通の導入方策の検討
  (我孫子市地域公共交通会議にてゼミ生による成果報告)
B 話題提供
  「交通と環境」、「交通の将来」、「生態系に配慮した交通」